シャンプーの方法を確認する

シャンプーの方法を確認する

すすぎを洗髪をしたあとにしっかり行うことが、育毛シャンプーを使う時ににはとても大切です。
髪の毛を洗う時間よりも、長めにしたほうが良いのがすすぎに費やす時間のほうです。美容師さんに言わせると、シャンプー液が頭皮についている時間はなるべく短い方がよく、すすぎの時間は倍以上の時間を使って、しっかり流すことだそうです。
シャンプーの洗い残しは頭皮への刺激になり、肌荒れの原因になり、頭皮の吹き出物や荒れ、かゆみが気になる人は、特に入念なすすぎがおすすめです。
多少の洗い残しは、育毛シャンプーのようなアミノ酸シャンプーであれば気にすることはありませんが、もちろんしっかりとすすいだほうが良いといえるでしょう。
少し長くお湯ですすぐという方法の他にもいくつか方法が、シャンプーを洗い流しやすくするためにはあるそうです。
また、湯船にゆっくりつかって汗をかいたり、しっかりと髪をといてから育毛シャンプーをしたりすることで、もっとすすぎがしやすくなるのではないでしょうか。
それにより簡単に汚れや老廃物を落とすことができるようになるでしょう。
すすぐ順番は、まず後頭部から側頭部、そして頭頂部、前頭部とすすでいきます。
順番を逆にすると、すすぎ終わった場所に育毛シャンプーの泡が再び流れていったりもします。
特にすすぎ足りないことが、耳のまわりや、えり足などにはあるようです。実際に育毛シャンプーを使う時に重要なのは洗髪そのものですが、同時にすすぎもきちんとするようにしましょう。

 

シャンプー前のブラッシング

シャンプー前にブラッシングがとても大切です。
髪の毛を痛めにくい柔らか目のブラシを使いしっかり、髪の毛についた埃や頭皮を軽く刺激しましょう。
このひと手間が薄毛対策となります。

 

シャンプー時のスカルプブラシ

最近流行のスカルプブラシ。
シャンプーの最中に手のひらサイズのブラシでゴシゴシすると、指先では洗えない毛穴までしっかり皮脂汚れを取り除いてくれるので大変人気です。
これを使ったあと、ドライヤーで乾かすと、髪の毛の立ち方が違うのがはっきりわかります。
しかし、このブラシが実は頭皮を傷つけてしまう場合も多いので、できるだけやわらかいブラシで、軽くマッサージするように使用することをオススメします。
あまりにも気持ちが良いので、つい力強くゴシゴシしてしまうと、薄毛対策どころか、頭皮を傷つけ逆効果となってしまいます。